エンポリオ・アルマーニ|「マエストロ・ディ・マエストロ」であり続ける理由

EMPORIO ARMANI エンポリオ・アルマーニ

イタリアを代表するファッションデザイナーの1人で、ミラノを基盤にコレクションを持つジャンフランコ・フェッレ (伊: Gianfranco Ferre) とジャンニ・ヴェルサーチ (伊: Gianni Versace) と共に、「ミラノの3G」として世界中にその名をとどろかせている。また、アルマーニ語録の「私はニセモノが嫌いだ。見せかけの真実は見たくない」は有名である。

「ジャケットの帝王」等とも呼ばれ、モード界の最先端に位置。完璧主義者として有名で、それゆえ「ミラノキング」、「マエストロ・ディ・マエストロ(巨匠中の巨匠)」等と称され、独自の荘厳なスタンスを展開。20世紀で最も成功したデザイナーであり、雑誌フォーブスの世界長者番付においても、常にランクインされている。

企業としては、ファッションブランドのほか、リゾート開発、高級レストラン、チョコレート商品など、多彩な事業を展開している。

ファッションブランドの分類は、ファーストライン「GIORGIO ARMANI」、セカンドライン「EMPORIO ARMANI」(エンポリオ・アルマーニ)、ディフュージョンライン「ARMANI COLLEZIONI」の3つが柱であり、主にスーツでは誰もが知る有名な超高級一流イタリアファッションブランドである。

現在、「GIORGIO ARMANI CLASSICO」というラインは存在しないが、メンズではファーストラインとディフュージョンラインそれぞれに「メイド トゥ メジャー」というサービス(顧客を個々に採寸して、その寸法通りにスーツ、コート、シャツを仕立てるサービス)を行っている。2005年からは、オートクチュールライン「GIORGIO ARMANI PRIVE」をパリで新たに発表した。2006年からは、アルマーニのメンズ最高峰ライン「ハンドメイド トゥ メジャー」をスタートさせた。

なお、「ARMANI JEANS」、「A/X ARMANI EXCHANGE」は前述したスーツ・ドレス・オートクチュール部門とは全く異なるカジュアルファッションラインとして設立されたものである。「A/X ARMANI EXCHANGE」においては、1991年にスタートし、1994年にシンガポールのOngグループとライセンス契約を結んだラインである。アルマーニが25%を出資し、生産拠点をアジアに置いて若年層をターゲットにしている。

また、インテリア「ARMANI CASA」もスタートさせ、2004年にはARMANI HOTELS AND RESORTSの開発にも着手した。日本人シェフの松久信幸と提携したレストラン「ARMANI/NOBU」をミラノで運営している。

現在は、ファッションブランドの枠を超え、トータル・ライフスタイル提案型の巨大ファッション・ブランドにまで成長した。アルマーニは、インタビューで次のように答えている。「あくまでもナチュラルで、着心地がよく、現代生活にマッチするもの。そんなデザインを追求していくと、自然とシンプルなものになっていく」「ファッションでも、いささか奇抜なディテールで人を驚かせようとする意図がはっきり感じられるのは、無意味だと思うんだ。まあ、意味がないし、不安にもさせられる」アルマーニの服には、時代を超えたエレガンスがあり、究極のモダニズムが宿っていると評されている。

DESIGNER PROFILE

ジョルジオ・アルマーニ

ジョルジオ・アルマーニ
Giorgio Armani

1934年 - イタリア、ピアチェンツァで午前7時20分に生まれる。 ミラノ大学医学部在籍中に兵役に召集され、後は医学の道に戻らずビジネスの世界へ。

1957年 - 1964年 - ミラノの百貨店「ラ・リナシェンテ」のバイヤーを務める。

1975年 - アルマーニが41歳のとき、セルジオ・ガレオッティと共に自らの会社を設立し、自社商品(メインブランド)を発表。通称「ブラックレーベル」。以後、多彩なブランドのデザインも引き受けていた。

1980年 - 映画『アメリカン・ジゴロ』でリチャード・ギアの衣装を担当。これが、アルマーニの初めてのオフィシャルでの衣装協力であり、アルマーニの世界的な成功が始まる。

1981年 - セカンドライン「EMPORIO ARMANI」を発表。同年「ARMANI JEANS」も発表。

1982年、デザイナーとしてはクリスチャン ディオール以来、「タイム」誌の表紙をジョルジオ・アルマーニが飾る。

BRAND DATA

BRAND エンポリオ・アルマーニ
COUNTRY イタリア
DESIGNER ジョルジオ・アルマーニ
URL http://www.emporioarmani.com/

製品の特長

機能性重視のデザイン

「ファッションはその時代のライフスタイルに合ったもの。女性が男性のように働く時代には、オフィスで心地よく着ることができる服が基本。デザイナーの自己満足でしかない奇をてらった服はナンセンス。」 というように機能性重視のデザイン。

顧客のニーズに沿ったコレクション

「これがファッションだからこんなふうに着なくてはならない、そういうやり方が終わったということです」 とエリーエイギンスの著書では紹介されており、デザインだけではなく、顧客のニーズに沿ったコレクションを提案

ページの先頭へ戻る