ブランドイメージ

モード界の異端児

確かな技術に基づいた華麗で芸術的なディテール、
退魔的なデザイン、様々なイメージをクロスし独自のモードを創り上げている。

出典:http://www.johngalliano.com/

1985年、ジョン ガリアーノは自身の名を冠したブランドでロンドンコレクションデビュー。また現在は「クリスチャン ディオール」のデザイナー。

ジョン・ガリアーノは1960年11月28日、スペインのジブラルタルに生まれる。本名はホアン・カルロス・アントニオ・ガリアーノ。幼年時代にロンドンに移住。

1984年、セントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインのモード科を首席で卒業。モード科には、テキスタイル科から移籍した。卒業制作のコレクション「アフガニスタンとヨーロッパの理想」がロンドンのブティック「ブラウンズ」のショーウィンドウを飾り好評を呼んだ事で、ブラウンズと5年間の契約を結ぶ。

1985年、ロンドンコレクションでデビュー。 当初はデリケートなバイアスカットのドレスと、オーダーメイド・スーツは高い評価を得た。

1989年、A/Wパリ・オートクチュール協会の招待でコレクションを発表。91年、パリ・コレクションの正式メンバーに加入。コレクションの発表の場をロンドンからパリに移す。

1995年 、ユベール・ド・ジバンシィが1995-96A/Wオートクチュールコレクションを最後に自身が立ち上げたブランドジバンシィを引退する為、後任としてガリアーノがデザイナーに抜擢される。但し彼が手がけたコレクションは1996S/S(春・夏)と1996-97A/Wの僅か2回のみで、その後はアレキサンダー・マックイーンがジバンシィのデザイナーに就任した。この年、3度目の「ブリティシュ・デザイナー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。

1996年、ジャンフランコ フェレの後を継いで、クリスチャン ディオールのデザイナーに就任。ガリアーノによるジバンシィは1996年のシーズンの2回のみで、次期からはアレキサンダー マックイーンにバトンタッチした。

1997年、オートクチュール・コレクションからディオールのデザイナーとしてデビュー。ガリアーノは現代版ニュールックを発表。胸を強調し、細いウエスト、スカートは現代風にミニになった。ちなみに、このときのテーマは「マサイ族」。97年、「ブリティシュ・デザイナー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。

2007年、セカンドラインである「Galliano」を発表。

2011年、バーで酒に酔い、カップルに対して差別的な発言をしたため警察に一時拘束され、ブランド「クリスチャン ディオール」及び自身のブランド「ジョン ガリアーノ」を解雇される。
ブランド「ジョン ガリアーノ」の後任のクリエイティブ・ディレクターには、これまでブランドを支えてきたビル・ゲイテンが就任した。

2014年には「マルタン・マルジェラ」のクリエイティブディレクターに就任している。自身のブランドである「ジョンガリアーノ」は、近年でも極めて斬新で、インパクトのある作品を数多く発表。やはりアヴァンギャルドなデザインが多く、ニュースペーパー(新聞柄)のデザインで作られたシャツやTシャツなどの数々のアイテムは代表作とも言えるシリーズで世界的に有名である。現在、ブランド「ジョンガリアーノ」のクリエイティブディレクターは、長年に渡りジョンガリアーノの右腕として共にコレクションを作り上げてきたビル・ゲイテンが行っている。ブランドの転換期を迎え、新たなコレクションの発表に期待されている。

FEATURES

奇抜でインパクトに富んだデザイン

古典の服飾史や世界中の民族衣装を博物館・図書館で徹底的にリサーチし 、モードという枠組みの中で自分のコレクションに取り込んでいます。

華麗で芸術的なディテール

カッティングとバイアスの確かさなど技術的な面でも定評があり、着心地のいいのが特徴的。

BRAND DATA

BRAND ジョンガリアーノ
COUNTRY イギリス
SINCE 1985年
FOUNDER ジョン・ガリアーノ
CATEGORY アパレル・靴・下着ect
URL http://www.johngalliano.com/
SUPPLIER ロサンゼルス(並行輸入)

SOCIAL MEDIA

LUCANOR取扱いブランド一覧 › John Galliano(ジョンガリアーノ)