ポロラルフローレン|オールアメリカンスピリット

1923年、ヒューゴ・ボス(Hugo Boss)がドイツ・メッツィンゲンに創立。当初は、設立当初はレインコートやオーバーオールといった作業着ブランドであった。第二次世界大戦中にはナチスドイツの軍服をデザイン、製造していた。

戦後ヒューゴ・ボスが死去すると不況が続くが1953年に発表した男性用のスーツが人気を呼び、スーツのブランドとして定着していく。1960年代初めにボスブランドを発表。ヨーロッパのみならず国際的メンズファッションの一流ブランドとなる。

1980年代初頭から靴、ボディウェアなど多岐にわたる製品を対象にグローバルライセンスの付与を開始。1993年、香水を発表、また新ブランド「ヒューゴ」を加え、幅広い層のファッションを充実させた。

1994年にはアンダーウェアの生産を開始。

1996年、レディスウェアを発表。BOSS Hugo Bossの時計をスイスのTempus Concept社にライセンス供与。BOSSの時計ラインは当初男性用のみだったが、後に女性用コレクションも発表。

2004年に新たなメンズウェアのライン、ヒューゴボス・バルデサリーニ(Baldessarini Hugo Boss) を発表。デザイナーのワーナー・バルデサリーニがブランドを統括した。

2005年、マルゾットのグループ分割に伴い、子会社「ヴァレンティノ・ファッション・グループSpA(Valentino Fashion Group SpA)」傘下に入る。

2007年、ボス・ヒューゴボスのラインのクリエイティブディレクターにブルーノ・ピータースが就任。

ヒューゴボス(HUGO BOSS)はボス、ヒューゴの2つのブランドを統合させた呼び名として用いられるブランド。現在はイタリアのヴァレンティノファッショングループ社の傘下に入っている。

派手に流行を捉えるというよりも、ドイツらしい構築的なシルエットが特徴。メンズウェアを中心に、レディースウェア、眼鏡、サングラス、バッグ、財布、キーケース、時計、ネクタイ、香水などまで展開、国際的にマーケットを広げ、現在では世界100カ国以上にまで進出し、5000店舗以上で取り扱いがある。スポーツスポンサーとしても名高く、テニス、ゴルフ、サッ カー、モータースポーツなどに協賛している。スターの顧客も多く、ダスティン・ホフマン、ロバート・デニーロ、ハリソン・フォード、ショーン・コネリー、デニス・ホッパー、アントニオ・バンデラなどが着用している。

DESIGNER PROFILE

ブルーノ・ピータース

ブルーノ・ピータース
Bruno Pieters

ベルギー生まれ。1995年、アントワープ王立芸術アカデミーに入学。

 その後Martin Margiela (マルタンマルジェラ)、Josephus Thimister (ジョセフュス・ティミスター)、Christian Lacroix (クリスチャンラクロワ) でアシスタントデザイナーを経験。その他、フリーランスでNew York Industrie (ニューヨークインダストリー)、Antonio Pernas (アントニオ・ぺルナス)のデザインを手がける。

2002年、自身の名を冠したブランド「Bruno Pieters (ブルーノ・ピータース)」をスタート。 2002−03AWパリオートクチュールコレクションを発表。

2003年、パリプレタポルテコレクションを発表。2007A/Wコレクションからメンズラインをスタート。

2007年、「BOSS HUGO BOSS (ボス・ヒューゴボス)」のクリエイティブディレクターに就任。

BRAND DATA

BRAND ヒューゴボス
COUNTRY ドイツ
DESIGNER ブルーノ・ピータース
URL http://www.hugoboss.com/

製品の特長

バーサタイル・モダンクラシック

流行にとらわれすぎる事なく確固たる自信が漲るポリシーを貫き通すスタンスと心和む着心地が大人気の秘密。

ダイナミックな個性と、典型的な男らしさ

派手に流行を捉えるというよりも、モダンクラシックなテイストで成功志向が強く、ダイナミックな個性と、典型的な男らしさをイメージさせるドイツらしい構築的なシルエットが特徴。

ページの先頭へ戻る