男性下着のサイズについて

アンダーウェアセレクトショップ・LUCANOR (ルカノール)でセレクトされている製品は、Cotton (コットン) 、Lycra (ライクラ) 、Tactel (タクセル) 、Tencel (テンセル) 、viscose (ビスコース)などさまざまな繊維で作られてます。お馴染みのコットンも産地によって、肌触りなどはさまざま。一般の方がこの多様な新繊維について区別するのは難しいかもしれません。 そこで素材に関してちょっと解説を。

コットン(綿)は世界で最も重要な植物の一つで、最も突出した織物原料の1つです。繊維工業において全繊維製品の40%のシェアー(2003年当時)を占めています。1950年には約80%を占めていたのですが、新繊維の絶えざる開発と製造により、織物製品に占める綿の割合は徐々に低下してきています。それにともない、機能的で環境にもやさしく、着心地も良く手入れもしやすい繊維が開発されてきました。それぞれの繊維の特性は、異なった種類の繊維を混ぜることにより最適化されています。例えば綿は伸縮性を増すために伸縮繊維(エラスティック)が混ぜられたりします。

繊維は基本的に天然繊維と合成繊維に分けられます。合成繊維の特徴は、
成分、構成―従って特質―を自由に、いろいろな目的別に決められることにあります。

自然繊維は植物繊維(綿など)と動物繊維(絹など)に分けられます。
植物繊維はセルロースからできていますが、動物繊維の成分は主に蛋白質です。

合成繊維はビスコースなどの自然ポリマー(基本原料:セルロース)から作られるものと
ポリアミドやスパンデックスなどの合成ポリマー(基本原料:石油)から作られるものに分けられます。

素材解説

Cotton [コットン 綿・木綿]

綿糸はアオイ科に属するワタの種子から採取されます。60カ国以上で栽培され、主な栽培国は中国、アメリカ、パキスタンです。綿貿易は古くから行われていて、インドでは紀元前.3000年に行われていた証拠が見つかっています。アメリカの原住民も、アラブ人がヨーロッパに伝えるはるか以前より使用していました。綿工業は18世紀に紡績機の発明により発達し、イギリスからフランス、ドイツへと広がりました。 綿は非常に肌触りが良く、通気性、吸湿性に優れているため、繊維の重量の20%の水分を吸収しても湿った感じがありません。軽くて洗濯がきき、耐久性があり、フェルト化しません。

代表的なコットン

スイスコットン:高級綿を使い、スイスの特別な条件のもとで作られ、弾力性のある綿。
エジプト綿:エジプトナイル川近くで採れる綿で昔から高級綿の代名詞となっている。
カリフォルニア綿:アメリカはカリフォルニア地方で生産される綿の総称。着心地、光沢、型の保持力に優れニット用として多く使われている。

Silk [シルク 絹]

この光沢のある繊維は蚕の繭から作られます。絹の生産は紀元前3000年ごろ中国で始まり「シルクロード(絹の道)」を経てヨーロッパに伝えられました。蚕は主に中国、インド、日本、ロシアで飼育されています。この高級な繊維はしわになりにくく、夏は涼しく、冬は暖かく、吸湿性に優れ、軽くてなめらかです。また自然繊維の中では最も伸縮性があります。しかしながら、汗、日光、アルカリに対しては注意が必要です。

Jersey [ジャージー ニット、メリヤス]

この素材は、イギリス海峡にあるジャージー島で最初に作られたため、その名前がつけられました。ジャージーは様々な種類の繊維を用いて編んだもので、やわらかく、風合いが良く、破れにくいです。(せん断抵抗があります。)

Single Jersey [シングルジャージー 平編]

このなめらかな繊維は、表と裏の編み目が異なり、片面は表のループが見え、もう片面は裏のループが見えます。弾力性はそれほどありませんが、プリント模様下地としてよく使われます。 編物(ニット製品)は濡らすと縦方向に縮みやすいとい欠点があります。

Viscose [ビスコース レーヨン]

レーヨンを製造する技法のひとつの中間生成物、あるいはそれを経るレーヨン製造技術。 天然ポリマー(セルロース)を成分とするフィラメント糸は、主要な合成繊維の一つであり、単独または他の合成繊維や天然繊維と混ぜて使われます。この繊維は感触が心地よく、やわらかで、体にフィットします。染色やプリントがしやすく、色落ちせず、日焼けしにくく、吸湿性がありますが、濡れると強度が低下します。

Lyocell [リヨセル]

精製セルロース繊維と呼ばれている新素材です。天然素材の良さを備えているうえ、生物分解できるため、有害な廃棄物を出しません。リヨセルはお手入れしやすく、染色性が良く、さらっとした感触が心地よく、保湿性、保温性に優れています。湿潤強度(濡れた時の強度)はビスコースより20%上回ります。リヨセルはテンセルなどという名前でも知られています。

Acetate [アセテート]

セルロースに酢酸を化学反応させて作られる合成繊維です。一般にセルロース派生物と呼ばれ、風合いがよく、ドレープが作りやすく、弾力性、保形成を持ち、美しい光沢があります。

Polyamide [ポリアミド ナイロン]

構成物、タイプ、特性が様々な合成繊維群です。ポリアミドはアメリカで開発され、1935年に初めて登場しました。ドイツでもほとんど同時期に発見され、パーロンという名で製造されました。この素材により、それまでになかった機能性を備えた衣類を作ることができるようになりました。ポリアミド繊維は安定性、耐久性に非常に優れ、破れにくく、しなやかで軽く、伸縮性があります。またシワになりにくく、洗濯がしやすく、乾きやすいですが、熱乾燥には弱いので注意が必要です。ポリアミドはタクテルまたはメリルなどの商標名で知られています。

Spandex [スパンデックス]

スパンデックス繊維は、伸縮性に極めて優れています。引っ張ると元の長さの6−8倍も伸び、ゆるめると元の長さに戻るので、体に大変フィットします。破れにくく、洗濯しやすく、優れた速乾性があります。スパンデックス糸は、伸縮性や弾力性を増した織物を作るために他の糸と混ぜて使われることが多いです。デュポン社の商標名「ライクラ」で知られ、1959年にアメリカで最初に商品化され、バイエルにより市場に導入されました。

Lycra [ライクラ]

デュポン社によるスパンデックス繊維の登録商標です。弾力性に富み、耐老化性もよく、海水や日光にも耐性があります。

Meryl [メリル]

ポリアミドから作られる合成繊維です。上質でじょうぶ、弾力があり、速乾性があります。

Tactel [タクテル]

ポリアミドを基に作られます。フィット感に優れ、軽くソフトでしなやか、光沢があり、手入れしやすく、通気性があり、水分を放出するので夏でもさらっとした感触です。

Tencel [テンセル]

リヨセル繊維と同じタイプで、1992年に市場に導入されました。手入れしやすく高品質、湿潤強度が強い。単独でも使われますが、綿やリネン、シルク、ビスコース、ウールなどと混ぜてつかわれます。

Micro-Fiber [マイクロファイバー]

マイクロファイバーは非常にきめが細かく軽い繊維で、主にポリアミド、ポリエステル、ビスコースから作られます。織物産業においては、繊維は材料の種類と、きめの細かさの程度によって特徴付けられます。DEZITEX(dtex)は糸の細さを測る単位として使われ、この単位は10,000メートルの糸の重さがどれくらいかを表します。1dtexは10,000メートルの糸の重さが1グラムという意味です。

Fine Rib and Double Rib [ファインリブ、ダブルリブ]

ファインリブはファインリブ編み機で編んだ伝統的なニット地です。表地と裏地とも表ループ(表目)が見え、引き伸ばすと裏ループが見えます。 ダブルリブは、丸編み機で編んだニット地で、二重のループが交互につくられます。

ページの先頭へ戻る