男性下着の種類について

ここ数年の間に、随分と男性もおしゃれに気を遣うようになりました。スキンケア、エステに通う男性も多い時代です。そしてその流れは、下着の世界にも波及しています。

今まで、男性下着の代表的な種類は、ブリーフかトランクスの2種類でした、もちろん、日本古来の『ふんどし』などもありました。しかし、今ではトランクスタイプでも、素材やフィット感に特化したものや見せパンとしてデザイン性を高めたものが出てきて、男性下着の世界でも女性並みの型の細分化がなされてきました。

種類解説

ボクサー|ショーツ

ボクサー|ショーツ

ゴム入りのウエストバンドで、丈は足の付け根から太ももまでのものが一般的。コットン製のものが多く、伸縮性がなく、ゆったりとしています。
「軽くて、動きやすい」ことから、女性や子供を中心に、下着以外に部屋着としても使われることもあります。

トランクス

トランクス

綿や伸縮性のある素材をしようしたものが一般的で、体に密着するような構造で丈が短いものが多い。
国内ではボクサーやショーツのような形状のものを指すが、英語圏ではフィット素材のボクサーブリーフを指している。

ボクサーブリーフ

ボクサーブリーフ

伸縮性のある化学繊維を使用しているものが一般的で、体に密着するような構造となっている。通常のブリーフを腿部分を覆う程度まで伸ばし、スパッツ状にしたような構造である。
世間一般的に「ボクサーパンツ」と呼ばれるものはこのタイプのものが多い。

ローライズボクサー

ローライズボクサー

ローライズボクサーとは、股上が浅いボクサーブリーフのことを指します。
腰骨で、ヒップにひっかけるようにはくスタイルから、別名「ヒップ・ハンガー」や「ヒップボーン」、「ヒップスター」などとも呼ばれています。
全体的にタイトなシルエットが主流であるのが特徴です。

ブリーフ

ブリーフ

ブリーフは、股下がなく、多くの場合Y字型をしており、ボクサーやショーツなどとは異なって、体にフィットし、伸縮性があります。
また、スポーツ用に特に機能性を重視して作られたものを、サポーター、ジョックストラップ、或いは、スポーツブリーフと呼ぶ。

ビキニ

ビキニ

生地は、股上が浅く腰部が狭い。前部は、関節に合わせるように股ぐり部分に角度がついていて、着用者を前から見ると逆三角形の形態となっている。

ソング

バックがT字型にデザインされた下着。ソングは生地の面積が小さいため、ショーツラインやブリーフラインがアウターに響きにくい。元々、ソング(thong)とは紐と言う意味であり、日本においてはTバックと同形態のデザインに類似している。

タンガ

フロントとバックがV字型にカットされ、サイドはひも状にデザインされている。フロントはアンダーヘアを覆う程度のデザインになっており、バックもサイドの幅が狭くなっているのが特徴である。

Gストリング

フロントがV字型にカットされ、バックとサイドが細いひも状にデザインされている。一般的に生地が薄くて肌に密着した下着であるため、パンツの下でもショーツラインやブリーフラインが全く見えず、アウターに響きにくい機能をもっている。

Tバック

バックスタイルがT字型でカットされたデザインになっており外形がアルファベットのTの字に見えることから、そのように名づけられた。フロントは普通のハイレグビキニの形になっているが、バックはゴム紐か細い布になっており、布が尻間に食い込むため、独特の穿き心地や様々な利点を持つ上、極めてセクシーな進化した下着の一つである。

ジョックストラップ

ブリーフやボクサーショーツとは異なり、お尻全体を覆いません。サポートポーチと伸縮性のあるゴム素材の幅広のウェストバンド。お尻のサイドにそって、サポートポーチのベースからウェストバンドに伸びている、2本のヒモでできていいます。サポートポーチには、睾丸を怪我から保護するカップまたはボックスを入れるポケットが付いています。

ページの先頭へ戻る