トミーヒルフィガー|オールアメリカンスピリット

トミー・ヒルフィガーは北部ニューヨークのエルマイラに、9人兄弟の2番目として生まれる。

18歳の時に、資金150ドルとベルボトム・ジーンズ20本をもとに小売業を体験し、ピープル・プレイスと呼ばれる小さなチェーン店を開いた。この時の経験から、人々が望んでもこの世に存在しない洋服があると気付き、独学でデザインを始めた。

1985年に最初のコレクションを発表。メンズウェア、ウィメンズウェア、ジーズウェア、チルドレンウェア、そして、フレグランスや、ホームコレクションと事業を拡大していく。
そして、ファッション界でトミーヒルフィガーは多くの名誉を与ることとなる。

1998年、ニューヨークシティのパーソンズ・デザイン学校の「Designer of the Year award」を受賞。
1995年には、アメリカ・ファッション・デザイナー協会による「Menswear Designer of the Year」を受賞。
同年、米音楽専門テレビ局VH1のファッションとミュージックの賞である「From the Catwalk to the Sidewalk」を受賞。
また、フレグランス業界でもっとも権威のある「FiFi Awards」を何度も獲得し、
2002年の11月には、ドイツのGQマガジンによる「International Designer of the Year award」を受賞。
さらに同年、彼の慈悲深い行為に対して、薬物乱用防止教育委員会が主催する「Future of America」という最も名誉ある賞を受賞。

1995年、青少年の健全な身体と知識の育成のためには、教育と文化的なプログラムが欠かせないとして、トミーヒルフィガー財団を設立。
また、ワシントンD.C.のマーチン・ルーサー・キングJr.メモリアルプロジェクト財団と名誉毀損に抗議する連盟におけるいくつかの慈善と設立に積極的に参加。

トミーヒルフィガーの魅力は、カジュアルでありながらもフォーマルな上品さも兼ね備えており、スポーツにビジネスにと活躍の場を選ばない所にある。また、ヒップホップ等のミュージックシーンでの愛好者も多く、クラブ系のファッションにも取り入れられ人気を博している。
国、人種、職業に関係無く多くの人に愛されているブランドがトミーヒルフィガーとなっており、そのようなファッションと赤、白、青からなるトミーヒルフィガーのロゴは、いまや”オールアメリカンスピリット”のシンボルになっている。

トミー・ヒルフィガーのブランドのロゴ、赤、白、青は航海用の旗(フラッグ)をイメージして作られたもので、イニシャルの「T」と「H」をかたどって現在のマークとされている。

DESIGNER PROFILE

トミー・ヒルフィガー

トミー・ヒルフィガー
Tommy Hilfiger

1969年、北部ニューヨーク・エルマイラ生まれ。18歳の高校在学中に、150ドルの資金と20本のベルボトム・ジーンズをもとに初めて小売業を体験し、ピープル・プレイスと呼ばれる小さなチェーン店を開く。

この時の経験から、人々が望んでもこの世に存在しない洋服があると気付き、独学でデザインを始める。

1979年、ファッション・デザイナーとしてのキャリア追求するために、ニューヨークシティへと移り住む。

1985年に最初のコレクションを発表。
以後、ファッション界はトミーヒルフィガーに多くの名誉を与えた。

1995年、青少年の健全な身体と知識の育成のためには、教育と文化的なプログラムが欠かせないとして、トミーヒルフィガー財団を設立。

ワシントンD.C.のマーチン・ルーサー・キングJr.メモリアルプロジェクト財団と名誉毀損に抗議する連盟におけるいくつかの慈善と設立に積極的に参加。 恵まれない子供達をサマーキャンプに連れて行く活動を行っている「The Fresh Air Fund」や、多発性硬化症とたたかう財団「Race to Erase MS」の理事などを務め、積極的に数々のチャリティー活動に参加している。

BRAND DATA

BRAND トミーヒルフィガー
COUNTRY アメリカ
DESIGNER トミー・ヒルフィガー
URL http://usa.tommy.com/

製品の特長

「オールアメリカンスピリット」のシンボル

ニューヨークのデザイナーとして、確固たる地位をもつトミーヒルフィガーの赤、白、青のブランドロゴはアメリカの代表ブランドです。

カジュアルでありながら、ややフォーマル

デザインのよさと作りのよさは勿論、身体にフィットする上質コットンの履き心地もいい。ラインナップの幅が広く機能的でスポーティーさを持っている。

ページの先頭へ戻る